04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
プロフィール

yako

  • Author:yako
  • OLと主婦。日々の活動を楽しく報告。2007年にブログ終了と思いきや復活?!
SKELETON
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | top↑
陽気なギャングが地球を回す
最近はまっている週1回映画づけの水曜日。豪雨でも映画館へ足を運ぶ。しかも仕事が忙しいのを察知しつつも何も語らず挨拶もせず会社の定時のベルが鳴ったと同時にダッシュ。
なんせ毎夜連続遅くまで仕事してたら頭も体もおかしくなっちゃいますもん。

そんな中今日初TOHOシネマズ川崎で映画をみました(豪華キャストのわりに上映している映画館が少ないので)。今まで川崎=チネチッタの映画館としか知らなかった私がこの街に2つも映画館があったなんて驚き。川崎は穴場な映画館で空いているのに・・・。

陽気なギャングが地球を回すの原作は伊坂 幸太郎著作。小説がでているので読んでおけばよかった。実際に読んでいませんが多分小説のほうが面白いと感じます。

ストーリーは4人のギャング達が(大沢たかお、佐藤浩市、松田翔太、鈴木京香)銀行強盗の常習犯。ロマンあふれる犯罪計画なのですが思わぬアクシデントがあります。大半が笑いながら楽しめ日本映画にはあまりみかけない展開になってます。CG技術がすぐれすぎというまでスリルな展開もありますし。一般的に面白いと思うのですが作品として私は好まないジャンルでした。途中寝てしまった。

邦画は後一歩物足りなさを感じてしまうのは私だけなのでしょうか?DVDで見るだけでもいいと思います。

次は現在頑張っている読んでいる本「ダ・ヴィンチ・コード」を見る予定です。
スポンサーサイト
『ホームシアター(DVD)』 | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。